- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト松山

マツダ・CX-30 樹脂パーツ・シートコーティング

松山市からお越しのお客様

※スマホは左右にスクロール、パソコンは矢印や画像下部の小さな丸をクリックしていただくことで他の画像を閲覧することができます。

マツダ・CX-30の施工事例の紹介です。このお車はベースモデルでもスタイリッシュでありましたが、シグネチャースタイルのエアロをまといさらに低重心かつ洗練されたデザインとなったお車でありました。

≪施工内容≫
リボルトプロ 樹脂パーツコーティング
前2席レザーシートコーティング

今回は新車納車直後にご入庫いただきました。ボディーの方はディーラー様でコーティングをしておりましたので、マツダ車には特に多く採用されています未塗装の樹脂パーツにリボルトプロを施工させて頂きました。

黒い未塗装樹脂パーツは、塗装による保護膜がないため、紫外線や熱による影響により早ければ新車から1年~1年半ほどでも白く劣化してきます。完全硬化型コーティング剤リボルトプロにより圧倒的な膜厚からしっとりとした黒い艶を手に入れることができます。

≪フェンダーモール≫

フェンダー


≪フロントバンパー≫

バンパー


≪ドアサイドモール≫

モール


≪リヤバンパー≫

リヤ


また、コーティングは黒い未塗装樹脂パーツのみでなくヘッドライトやテールレンズ、グリル内なども塗布し保護していきます。複雑な形状のグリルも一つ一つ丁寧に施工していきます。

≪グリル≫

グリル


グリル2


≪ヘッドライト≫

ヘッドライト


≪テールレンズ≫

テールレンズ

次にシートコーティングに移ります。今回のお車は、白のレザーシートで特に汚れが目立ちやすい色ですのでデニムの色移りや、擦り傷、色褪せなどから守るためにもシートコーティングは特におすすめです。今回はシートの座面や背もたれだけでなくシート裏面、シート内装にもコーティングしております。内装関係は
一度劣化してしまうとリペアが容易ではないため新車時にコーティングにて保護するのが一番のおすすめです。

シート1


シート2


シート座面


シート内装

シートコーティングの防汚性、耐久試験の動画はこちらへ

この度はご用命いただき誠にありがとうございました。

https://www.facebook.com/revolt.matsuyama
https://twitter.com/revoltmatsuyama
https://www.instagram.com/revolt.matsuyama/

お問い合わせはこちらから

【リボルト松山】
〒791-3120 愛媛県伊予郡松前町大字筒井316-1
TEL&FAX 089-954ー3205
MAIL:revolt@revolt-matsuyama.com
営業時間:AM10:00~PM7:00(不定休)

施工時期:
2020年3月
施工内容:
部分コーティング無塗装部パーツコーティングシートコーティング