- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト松山

トヨタ・アルファード リボルトプロ・エクストリーム

松山市からお越しのお客様
  • アル
  • アル2
  • アル3
  • アル4
  • アル5
  • アル6
  • アル7
  • アル8
  • アル9
  • アル10

※スマホは左右にスクロール、パソコンは矢印や画像下部の小さな丸をクリックしていただくことで他の画像を閲覧することができます。

今回は、トヨタ・アルファードのガラスコーティング施工事例の紹介です。

≪施工内容≫
◇リボルトプロ エクストリーム ボディコーティング
◇リボルトプロ エクストリーム ホイールコーティング
◇全窓ガラス撥水加工


オーナー様からはキレイに長く乗りたいとのことでご予約を頂きました。今回は販売店様より納車前にお持ち込み頂き施工いたしました。誠にありがとうございます。

状態を確認してみると新車は鉄粉などが多い中、ディーラー様の管理の良さからも水シミや鉄粉は少なめでした。


ただ状態が良い中でも、さらに塗装面や細部にわたり整えるのがリボルトグループです。コーティングの定着には、徹底した洗車や磨きによる下地処理が大きく影響します。

塗装面の洗車だけではなく、ドア開口部の付け根(ヒンジ)のグリス除去、給油口内やエンジンルームの余剰分のグリスを除去し研磨作業に移ります。


塗装の膜厚というのは、限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必須です。この最小限の膜厚の磨きで、最大限のクオリティを提供出来るというのがリボルトグループの高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」となります。

「最低限の塗装の磨きで最大限の美しさをつくる」を目指して研磨を進めていきました。

お車の状態、車種により最適な磨きを行う必要があります。『コーティングの仕上がりは下地処理が決め手』というほどとても重要な作業です。リボルトの下地処理には全行程の実に7~8割もの作業時間を下地処理に要します。


傷、水シミも除去でき、照明もくっきりと映りこむようになりました。研磨処理が終わりましたら全体を不純物の無い『純水』で洗車をしてからコーティング作業に移ります。

コーティングはリボルトグループ最上位の『リボルトプロ・エクストリーム』です!!

リボルトプロの性能を引き継いだ上に
①耐擦り傷性
②撥水性能
③防汚性、シミ軽減
④耐久性

以上の性能が強化されております。

コーティング被膜は(1)ベースコート、(2)トップコート、(3)オーバートップコートからなる強固な3層コーティング被膜を実現しております。コーティング被膜は低分子化された、確実に固まる完全硬化型コーティングです!


3層のコーティングシステムにて更に圧倒的な艶を手に入れることができました。

リボルトプロと同様に樹脂パーツにも保護と艶アップ効果があります。

モール

また、コーティング施工は外装の塗装面だけでなく、ドア開口部やヒンジ、トランク裏面、給油口なども2層目のトップコート、3層目のオーバーコートにて保護します。


大きなお車でお手入れが大変ではありますが今後もメンテナンス等でサポートしてまいります。

この度はご用命いただきまして誠にありがとうございました。


ボディコーティングの施工範囲は「施工する店舗」や「コーティング剤」によって異なります。リボルト松山では外装だけではなくドア内側、給油口まで標準で施工しております。お客様には安心してお任せいただける様に標準施工範囲を明確にしておりますので詳しい施工範囲はこちらをご覧ください。

ガラスコーティングの施工範囲


リボルト松山ではお客様のお車の状態、保管環境、使用状況、洗車頻度、ご予算などお伺いしお客様に合った最適な施工コースをご提案させて頂きます。コーティング直後の美しさだけではなく、いかにキレイな状態を維持できるかを第一に考えておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

【リボルト松山】
〒791-3120 愛媛県伊予郡松前町大字筒井316-1
TEL&FAX 089-954ー3205
MAIL:revolt@revolt-matsuyama.com
営業時間:AM10:00~PM7:00(不定休)

▼SNSでも情報を発信しております
リボルト松山のfacebookはこちらより
リボルト松山のtwitterはこちらより
リボルト松山のinstagramはこちらより/

▼次世代ガラスコーテンング リボルトプロ・エクストリーム新登場

施工時期:
2021年8月
施工内容:
リボルトプロ・エクストリーム車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工